top of page

AIによる要約『あさみの政治トーク - 地域を盛り上げる議員/市民たち』第2回目 ゲスト:高橋まきこさん


『あさみの政治トーク - 地域を盛り上げる議員/市民たち』第2回目 ゲスト:高橋まきこさん の動画とAIによる纏めです。





AIによる要旨と要約


要旨


この番組では、中央区議会議員の高橋まきこ氏をゲストに、地域の活性化について話し合われました。議論の中心は、子育て支援、税制社会保障、犯罪、そして行政課題についてでした。中央区の教育に関する質問では、不登校の理由について話し合われ、学校に行かなくても学べる場所を提供することが求められました。子育て支援については、デジタル化が進んでいない課題があると話されました。また、子供100当番やDV被害者への支援体制の不十分さなども問題視されました。さらに、防犯や税制などについても議論がありました。この番組からは、地方自治体のデジタル化が遅れていることが課題であるという共通点が見られました。高齢者の予算削減と次世代への投資についても話され、投票率の向上や官民連携によるデジタル化の推進が必要であると考えられています。行政においては、マイノリティの意見だけでなく、マジョリティの意見も考慮することが重要であるとの意見が述べられました。多世代交流や議論が求められる課題に対して、行政も色々な意見を聞くべきであるとされました。





要約



あさみの政治トーク: 地域を盛り上げる市民たち

イントロダクション

この記事では、子育て支援、税制、社会保障、犯罪、そして現行の行政課題についての議論をまとめます。参加者たちは、地域の活性化に関する重要な話題を深掘りし、様々な視点から意見を交わしました。

参加者の自己紹介

  • 高橋まきこさん: 中央区の区議会議員で、子育て中の母親。地域活動に取り組む。

  • 伊藤さん: コメンテーターとして参加。過去の経験から政治について簡潔に話す。

  • 元晴海の新人さん: 中途半端な政治経験者で、現在はコンサル業を行っている。

  • うさぎさん: 江東区在住で、2人の子供の親。子育てに関する話題に興味がある。

高橋まきこさんの活動

高橋さんは、次の選挙に向けて5つのつながりを重視したまちづくりを提案しています。それらは、子供、ママ・パパ、居場所、デジタル、そして広くの5つのつながりです。これらのつながりができていない地域を改善することが課題だと感じています。 彼女は政治経験がなく、子育て会議員の1期目で区民委員として参加しています。待機児童問題の解決に向けて活動しており、地域活動を通じて地域をより良くすることを目指しています。

議題

以下に、議題ごとに参加者の意見をまとめます。

子育て支援

  • 待機児童問題の解決に向けて、区民委員として活動する高橋さん

  • うさぎさんは子育てに関する話題に興味があり、地域の子育て支援に期待

税制

  • 参加者たちは、地域の税制改革について様々な意見を交換した

  • 一部の参加者は、地域の税制について改善が必要だと考えている



13:01 - 19:54

不登校の子どもたちと学校教育の質

不登校の子どもたちの理由

  • 学校の勉強についていけない子

  • 周りのことうまくできない子

  • 出来すぎてしまって学校の勉強がつまらなくって行く意味がわからない子

  • 根拠のないルールに縛られて先生に厳しいこと言われてやってられない子

不登校の子どもたちの把握と対策

  • 学校に行く気になれないことが一番の理由として報告されている

  • ギフテッドや多様な国での学びの経験がある子も学校に魅力を感じない

  • 学びたいと思える学校環境づくりが自治体に求められること

政策と取り組み

  • 学校でなくても学びたい場所があることが地域の役割

  • 民間学童で学びたいことができるように取り組む方もいる

  • フリースクールを導入した不登校支援

  • 官民連携で多様な経験がある方が子供の話し相手になったり進路の話をする

保護者目線の意見

  • 不登校の子どもに無理に外に出ることを強要しない方が良い

  • 行政が居場所を作っても子どもたちが行かない可能性がある

  • しかし、場所を作ることは重要

  • ブリッジスクールの存在が役立つ場合もある

まとめ

不登校の子どもたちの理由や把握、対策について議論が交わされた。自治体には学びたいと思える学校環境づくりが求められると指摘され、官民連携や民間学童などの取り組みが紹介された。保護者目線では、無理に外に出ることを強要しない方が良いとの意見もあった。ブリッジスクールの存在が役立つ場合もあるため、今後の取り組みに期待が寄せられる。



25:53 - 32:01

産後ケアと子育て支援に関する問題と改善策

産後ケアの問題点

  • 産業ケアが宿泊のせいろかマタニティケアホームのみで日帰りや自宅訪問の選択肢がない

  • 中央区の妊産婦の12%しか宿泊利用をしていない

  • ニーズが少ないという理由で区が支援をしない問題

改善策の提案

  • 丁寧な聞き取り調査を行い、必要な支援を提供することが重要

  • 相談支援をしっかりとつなげて皆さんが利用できるようにする

子育て支援の問題点

  • 中央区で提供されている病児保育サービスが事前登録や窓口予約が必要で使いづらい

  • デジタル化が進まないと安心して使えるサービスに繋がらない

改善策の提案

  • インターネットでの一時預かり保育の予約やキャンセルができるようにする

  • スマホで予約できる安心感を提供する

中央区独自の子育て支援の課題

  • 区が提供している5万円の支援と国や都が提供している10万円のクーポンなどが混同されている

  • 中央区独自の子育て支援が見えない状況

必要な支援の重要性

  • 産後の一時預かり保育がママたちにとって最も重要

  • 緊急事態が起きた際にすぐに預けられるようなサービスが必要

デジタル化の必要性

  • 窓口に行く余裕がないママたちのためにオンラインで手続きができるようにする

  • 救急車を呼ぶような速さで登録できるサービスを提供する

以上のような問題点と改善策を踏まえ、産後ケアと子育て支援に関する改善が求められていることがわかります。中央区の子育て支援がより見える形で提供され、デジタル化が進むことで、多くのママた

37:51 - 44:28



明石町子育てワンストップ窓口と犯罪治安についての記事

明石町子育てワンストップ窓口

  • 中央保健所と子供家庭支援センターが同じ建物に入る

  • ワンストップ窓口の設置が決定

  • 来年夏に実現予定

犯罪治安について

子供の通学路の安心

  • 子供110番マップの存在

  • しかし、スマホで見ることができない

  • 地域の子供110番の場所がわからない問題

子供110番マップの改善提案

  • デジタル化

  • 学校のシステムで情報共有

  • スマホやPCでの確認が可能に

実践的なワークショップや情報提供

  • 子供と保護者が110番に逃げ込める場所を確認し、話し合う

女性のDVとひとり親支援

  • DV被害を受けている女性が多く、特にコロナで影響が大きい

  • 中央区では4月から養育費確保やひとり親支援の事業が予算がついた

  • しかし、相談できる場所やシェルター機能が区内にはない問題

子供110番マップの公開問題

  • 個人のお宅があるためオンラインでの公開が難しい

  • しかし、お店などは公開しても問題ない場合が多い

  • 公益の観点から対応が必要

管轄窓口の違い

  • 中央区は教育委員会が管轄

  • 江東区は青少年課が担当

  • 地域によって対応が異なる可能性がある

子供110番マップの意義と改善提案

  • スマホで見れない場合、意味がない

  • 個人宅でない場所はオープンにするべき

  • 個人宅が一部であれば、それ以外の場所を公開すべき


50:14 - 57:11

中央区の子育てと安全に関する議論 子どもたちの安全についての懸念

  • 大人の助けを求められない

  • 目の前の人に助けを求める経験が乏しい

  • 不審者が出る場所の特定と情報共有が必要

  • 公園や学校周辺での注意喚起

デジタルリテラシーの影響

  • スマホやSNSで情報収集する傾向

  • 対面で助けを求めない

地域での情報共有

  • 危険なスポットの一覧が欲しい

  • 学校や地域で情報シェアができる仕組みが必要

  • コミュニティスクールの導入が防犯にも効果的

季節性と不審者出現場所の特定

  • 暖かい季節に不審者が出やすい

  • 不審者が出やすい場所の特定が重要

中央区の予算執行と地域ニーズ

  • 高齢者向けの予算アロケーションが偏っている可能性

  • 子育て世代へのメッセージ伝達が重要

  • バランスを考慮した予算配分が求められる

高齢者へのサービスとバランス

  • 歌舞伎座や伝統文化の維持は重要

  • しかし、子育て世代への支援も同様に大切

  • 両世代のニーズを満たすバランスが必要


1:03:02 - 1:09:35


高齢者と子育て世代の予算配分問題と地域変革

高齢者と子育て世代への予算配分に関する議論

  • 人々の意識は簡単に変わらない

  • 高齢者への予算配分と子供たちへの予算配分にはコンフリクトが起きる

  • 政治家には高齢者からの批判がある

  • 維新が大阪で高齢者の予算を削り、次世代に回す政策を実行

地域単位での変化と政治家の役割

  • 国全体での変化は難しい

  • 地域単位での変化が期待される

  • 若い世代が流入している地域で子育て世代向けの政策が実施される可能性

  • 投票率が上がることで、最初の自治体が変化する可能性

  • 地域の風向きが変わり、国全体が変わる可能性

地域での選挙活動の重要性

  • 選挙を盛り上げることで地域の変化が期待される

  • 投票率が上がることで地域が変わる可能性がある

  • 投票所のアクセスや新住民にとって不利な状況にも共感があるが、投票への参加が重要

中央区行政の課題

  • デジタル化が遅れている

  • 教育、子育て、防犯犯罪、DV対策などでデジタル化が求められる

  • 官民連携が不得意で、結果的にデジタル化が進まない

  • 議会の動画配信がまだ実現されていない

この記事では、高齢者と子育て世代への予算配分問題と地域変革について議論しています。地域単位での変化が期待され、政治家の役割や選挙活動の重要性が強調されています。また、中央区行政の課題としてデジタル化の遅れや官民連携の不得意さが指摘されています。


1:16:28 - 1:23:29


子供の声を反映させる政策と行政のデジタル化

子供の声を反映させる政策の重要性

  • 子供の声を反映させる仕組みが現行の行政には不足している

  • 子供たちの意見や疑問が政策に反映されるべき

  • 投票権を持たない子供たちの声も、政策立案に取り入れることが大切

  • 子供たちは大人が思っている以上に多様な意見や疑問を持っている

  • 学校のルールや制服に対する疑問も子供たちの声として取り上げるべき

行政のデジタル化

  • デジタル化が今後の行政改革の課題の一つ

  • 職員の意識改革が民間経験を持つ区長や副区長の導入によって進む事例がある

  • 渋谷区の庁舎では、福祉のワンストップサービスが提供されるなど、職員の負担軽減と利用者へのサービス向上が図られている

  • 電話対応の効率化や民間の経験を活かした改革が行政サービスの向上に繋がっている

改革に向けての取り組み

  • 子供の声を制作に反映させる仕組みを各地で積極的に取り入れるべき

  • 職員の意識改革やデジタル化を進めることで、行政サービスの質を向上させる

  • 民間経験を持つ行政職員の活用や新たな試みを通じて、改革を促進する

  • 市民の理解や期待を得るために、具体的な事例や成功事例を共有することが重要


1:29:44 - 1:36:10

子供の声に対するクレーム問題と対処法


子供の声がうるさいというクレーム

当然ながら、子供の声がうるさいと感じることは普通です。特に高齢の方や子供のいない人たちがそのように感じることがあります。しかし、そのクレームに対してどのように対処すべきかは難しい問題です。 音の問題と個人差

  • 音の感じ方は人それぞれであり、周囲の状況や人間関係によっても変わります

  • 例えば、選挙カーの音が知り合いの声であれば気にならないこともある

  • 多世代交流をすることで、子供の声がうるさいと感じることが減ることもある

行政とクレーム対応の問題

  • 行政はマイノリティの意見を尊重する必要があるが、マジョリティの意見を無視してはいけない

  • 現場の職員はクレームに対して対応しなければならず、上司が適切な対応を取らないと困難な状況になることがある

管理組合の役割と対処法

  • 管理組合はクレームが出た時に対処しなければならないが、クレーマーに対応しなければいけない状況になることがある

  • 行政はクレーマーばかりの意見に耳を傾けず、現場の状況を把握してから対策を立てるべき

  • もっと多くの意見を聞いて対応するべきであると感じる

政治家の役割と問題の解決 政治家や政治のあり方もクレーム問題に影響を与えています。現場の状況を理解し、適切な対策を講じることが求められます。多様な意見を聞いて問題解決に取り組むことが重要です。

閲覧数:12回0件のコメント
記事: Blog2_Post
bottom of page