top of page

AIによる要約『【江東区議に聞いてみた】小中学校のICTの現状と展望』①

2020年5月の新型コロナウィルスで混乱していた最中に実施された江東区議による区立小中学校のICT教育に関する座談会の様子の紹介。長いこともあり、AIによる要約も付記しています。

動画のリンクはこちら 当動画のAIによる要旨と要約を纏めました


参加された区議さん(敬称略)


重松佳幸 

三次ゆりか

やしきだ綾香 

吉田要

酒井なつみ 

中嶋雅樹 

金子ひさし 二瓶文隆 要旨 議論の内容は、ICTによる教育の可能性と展望に関するもので、以下の主要な論点がありました。

1. ICTに向けた事業の可能性

 教育現場でのICT活用が進んでおり、新たな事業の可能性があるとの意見がありました。

2. 地域づくりにおける活用方法

 ICTを用いた地域づくりの取り組みや、効率的な教育方法(例:一斉配信の英語授業)について言及されました。

3. 都内における差

 千代田区や文京区など、ICTの進んでいる地域と遅れている地域の差について、長や教育委員会の意識の違いや自治体の財政力が影響しているとの指摘がありました。

4. 小中学校におけるICT(ICTを活用した授業)の現状と展望

  現状では、一部の学校でICTが活用されており、教員のICTスキルや機器の整備、ネットワークの強化が課題となっています。


展望としては、将来的に全ての学校でICPが活用されることが期待されており、AIを活用した個別学習やグループ学習、オンライン授業が一般化することが予想されています。


以上の論点を通じて、ICTによる教育の可能性と展望について議論が行われました。教育現場全体でICTに対する理解を深め、環境整備を進めることが求められています。

要約

00:13 - 06:36

江東区の小中学校におけるICTの現状と展望 はじめに

江東区議会議員は、江東区の小中学校におけるICTの現状と展望についてプロジェクトチームとして議論し、その結果を地域ブロガーとしてご活躍をされているとよすとさんから提供された場で発表しました。今回は、その内容について詳しく見ていきたいと思います。

ICTの活用方法について

ICTを活用することによって、学習環境の改善や教育効果の向上が期待できます。江東区でも、ICTを活用して学校教育を充実させるための取り組みが進んでいます。例えば、以下のような取り組みがあります。

  • ハード面の整備:タブレット端末等の整備

  • ソフトウェアの導入:授業用アプリケーションの導入

  • 教職員の研修:ICTを活用した授業方法の研修

これらの取り組みによって、学校教育の質の向上が期待されます。

今後の展望について

新型コロナウイルスの影響により、ICTの活用が急速に進んでいます。江東区でも、ICTを活用した学校教育の充実を目指し、以下のような取り組みが進んでいます。

  • 教育環境整備の加速:ICT環境整備の前倒し

  • オンライン授業の普及:ICTを活用した授業の普及

  • 学校と家庭をつなぐ取り組み:ICTを活用した情報の共有

これらの取り組みによって、より充実した学校教育が実現できることが期待されます。

まとめ

江東区の小中学校におけるICTの現状と展望について紹介しました。ICTを活用することによって、学校教育の質の向上が期待できます。今後も、ICTを活用した学校教育の充実に取り組み、より良い学習環境を提供していくことが求められます。

06:41 - 12:50

ICT教育の推進と家庭環境について 背景

最近では、授業の不足や学級閉鎖などの問題がある中で、ICT教育の推進が注目されています。このような背景から、ICT教育への注力が求められています。

双方向性の多部会議システムの普及

双方向性の多部会議システムがすでに一般化しており、アプリケーションと同時に展開することが可能です。しかし、議会側から止められた経緯があります。

ICT機器の効果と分散投稿ガスのスタート

ICT機器を導入することで、学年別や学級別に授業を行うことが現実的な手法として考えられています。しかし、授業数が足りなくなるという問題もあります。このため、分散投稿ガスのスタートによってカバーする一つのツールとして期待されています。

スタディーサプリの利用

スタディーサプリという動画配信アプリケーションを利用することで、授業数が足りなくなることをカバーすることができます。特に、手段行動が苦手である児童に対しては有効な解決策となる可能性があります。

災害対策や特別支援学級への応用

ICT機器は、災害対策や特別支援学級にも応用することができます。例えば、過去に発生した台風の被害に対する対応や、インフルエンザが流行した際の対応にも利用することができます。

外国籍の保護者や不登校の児童への対応

外国籍の保護者や不登校の児童に対しても、ICT機器を利用することで平等な教育機会を提供することが可能です。

家庭環境による課題

ICT教育の推進に当たっては、家庭環境の違いも課題となっています。しかし、予算をつけて各小学校や中学校の生徒にタブレットなどの環境整備を行うことで、解決策を

12:57 - 19:36

ictの発展における格差問題 小学校入学時代の違い

私が小学校に入学した頃は、まだ電話番号の後ろにカッコ呼び出しがあり、電話連絡網が普及していなかった時代でした。そのため、家庭に電話があってもなくても友達と遊ぶことができ、学校で楽しい時間を過ごすことができました。

ictの進展による格差

しかしながら、時代が流れ、今や50年も経過し、ictが急速に発展しています。しかしながら、家庭環境や地域の環境によって、ictに向けた取り組みに格差が生じています。新しい街には高層のマンションが建ち並び、臨海部には敷地が広がっている地域と、そのような環境に恵まれていない地域では、ictを使った生活が異なってくることが感じられます。

ictの公平性の担保

こうした状況を踏まえ、私たちは子供たちが平等に生活できるように、地域差を埋める取り組みを進めていかなければなりません。そのためには、党派を超えて、連携しながら前に進めることが必要です。議会内での対応も細かく行い、公平性を担保しながら、ictの整備を進めていきたいと考えています。

19:37 - 26:31

子育て世代にとってのICT活用 現状の問題点

若手議員の一部が新しい技術を騒いでも、海派の会派が結束して動かなければ教育委員会や行政が受け入れない現実がある。会派の先輩議員たちと協力して、結束して行政に意見を上げる必要がある。

ICTの導入に必要な理解

ICTを導入するにあたって、子どもたち、保護者、教員の理解が必要である。ICTを活用することで、学習をフォローすることができるが、ICTに対する懸念もある。

江東区のICT活用について

江東区のICT活用計画である「マスタープラン」は、超党派での活動が有益であった。しかしながら、子育て世代にとっては忙しい時間帯になっているため、子どもの権利についても重視すべきである。

分散登校の開始について

分散登校は、6月1日から開始されるが、現時点では2週目までは1学年に2回から3回の投稿となっている。

ICTの活用は、子育て世代にとって重要であるが、理解が必要であることや、子どもの権利を重視する必要があることが明らかになった。また、分散投稿の開始に向けて、投稿回数の調整が必要である。

26:35 - 33:12

学習環境整備に向けた取り組みと課題 給食開始の遅れと家庭学習の重要性

新型コロナウイルスの影響により、学習環境が整備されていない状況が続いています。授業時間が半日になった学校もあり、家庭学習をサポートすることが重要視されています。ただ、未整備の過程においては端末とWi-Fiルーターの対応に遅れがある学校もあり、教育現場によって進捗に違いがあるようです。都は今後の運用について検討し、落とし込みを図っていく必要があるとされています。

1人1台端末整備の進展と課題

国の補正予算で、1人1台端末整備の前倒しが実現していますが、まだ学習環境の整備は十分ではありません。政党の方々が機会均等を図るため、愛児のタブレットを配布しているところもあるようです。ただ、学校の休校が長期化する中で、公教育の存在意義が問われる状況になっていることが指摘されています。そこで、オンラインホームルームなどを活用した教育に対して、教員への要望が強く出されています。

ictを活用した教育の可能性と限界

1人1台端末整備が進むなかで、教育にどう活かしていくかが課題となっています。ただ、先生と生徒が直接触れ合うコミュニケーションがあることの重要性は変わらないため、対面の交流とオンラインでの交流をバランスよく取り入れることが必要です。また、ICT環境が整っていない学校もあるため、全国的に学習環境整備に向けた取り組みが求められています。

以上のように、学習環境整備に向けた取り組みは進んでいますが、課題も残されています。今後は、教育現場と行政が連携して、最適な教育環境を

33:16 - 40:08

オンライン教育における課題とICT活用の可能性 はじめに

新型コロナウイルス感染症の流行により、オンライン教育が急速に拡大しました。しかし、それに伴い新たな課題も生じています。今回は、その課題とICTを活用した解決策について考えていきます。

Wi-Fi環境の不安定さ

オンライン授業に必要なWi-Fi環境が整っていない家庭もあり、その環境改善のためには個別の契約が必要になります。しかし、それにはコストや経済的な問題があるため、中々解決策を見つけることが難しいと言えます。

特別支援学級における課題

特別支援学級に通う子供たちには、保護者以外にもフォローが必要な場合があります。しかし、その人手が必要なところには人手を投入しなければなりません。学校と家庭で分担するという考え方もありますが、まだまだ課題は残されています。

ICTを活用した解決策

オンライン教育においては、ICTを活用した解決策が注目されます。例えば、連絡帳や電話だけではなく、ICTを用いて家庭と学校を結ぶことができるようにすることで、よりスムーズに情報共有ができます。また、特別支援学級においても、ICTを活用することで、保護者や専門家との情報共有をより円滑に進めることができます。

結論

オンライン教育における課題はまだまだありますが、ICTを活用した解決策により、少しずつ改善が進んでいます。しかし、これからも課題に対して柔軟に対応することが必要です。家庭や学校、ICT業界など、多角的な視点からの協力が求められます。

40:10 - 46:47

オンライン教育の導入と課題 導入に伴う課題

新型コロナウイルスの影響で、オンライン教育の導入が進められていますが、その導入には以下のような課題が存在します。

  • 子供たちに端末を提供し、環境整備を行う必要がある。

  • 学年によっては、端末の操作ができない子供たちが存在する。

  • 家庭内でのサポートが求められる場合がある。

  • 具体的なロードマップが明確でない。

議論の必要性と地域の役割

上記の課題を解決するためには、議員や地域の皆さんとの議論が必要です。現場レベルでの問題点を把握し、改善スピードを上げていくことが求められます。具体的なロードマップは明確ではありませんが、今後も議論を進め、失敗を繰り返しながら解決策を見出していく必要があるでしょう。

オンライン教育の進捗状況

オンライン教育の導入にはまだ課題がありますが、すでに幾つかの取り組みが進められています。例えば、昨年度からeラーニングが導入され、子供たちが自宅で学ぶことができるようになっています。今後も新しい分野の学習や不安な点に対する復習機能を追加するなど、改善が進められることが期待されます。

まとめ

オンライン教育の導入は新しい試みであり、まだ課題が多く存在します。しかし、現場レベルでの問題点を把握し、議論を進めることで解決策を見出していくことが必要です。今後も継続的な改善が求められる中、子供たちが安心して学べる環境整備が求められます



46:10 - 52:41

ICTの活用によるeラーニングの導入 導入状況

先ほどの質問にもあったように、昨年度からeラーニングを導入しています。これによって、子どもたちが学校で習ったことに対して不安を感じたときに、ネット上で復習することができるようになりました。環境が整い、各学年に徐々に導入されていく予定です。

学校の対応

各学校によって、対応の方法は異なります。例えば、超大規模校では多少時間を要するかもしれません。地域性によっても異なりますが、学校からの連絡を待つことが望ましいでしょう。

移動教室就学予報など

計画はあるものの、実際には中止されることがあります。例えば、オリンピックパラリンピックの開催によって、計画が変更されることがあります。保護者の方々の間での意見の違いもあるため、教育委員会が正確な説明を行う必要があります。

学校と保護者の協力

学校と保護者の協力によって、計画が実現することがあります。例えば、学校の授業数が減っている中で、学校行事を中心に子どもたちの思い出を残すようにしている学校もあります。また、ICTを活用することで、授業を効率的に進めることができるかもしれません。ただし、限られた時間の中での取り組みとなるため、教育委員会も市議会も引き続き検討していく必要があります。


フォローについて

休校中に学校からのフォローが不十分だったという意見がありました。学力に関する問題以外にも、コミュニケーションの不足が問題視されました。例えば、ズームなどを使って先生や友達とコミュニケーションを取ることができればよかったとのことです。

以上のように、ICTの活用によって、教育のあり方が変化しています。

52:41 - 58:21

日本語指導におけるオンライン化の変化と今後の課題 オンライン化による環境の違いと教育の課題

現在、世界的な情勢により多くの教育現場でオンライン授業が導入され、日本でも例外ではありません。しかし、オンライン授業による環境の違いにより、子どもたちの教育に影響を与える可能性があります。一歩を踏み出した瞬間、その後幅の長さや違いが見えてくるため、様々な環境の違いによる課題も見えてきます。

環境の違いがある中で、子どもたちが最適な教育を受けるためには、先生方やママ友のグループのように、多様な意見を戦わせて、子どもたち全体のために教育を進めていくことが大事です。また、障害やつまずきがあった場合には、全体で解決策を見つけていく必要があります。

子どもたちへの日本語指導の課題

日本では、外国人の方や外国ルーツのある方が増えており、その中には日本語が不得意な方もいます。そのため、今年度からは外国ルーツのある方や日本語が不得意な方への支援が始まりました。しかし、外国籍の方が増える中で、日本語指導における課題は増えています。

現在、江東区だけでも外国籍の方が3万人を超えており、その中には日本語が不得意な方も多く含まれています。そのため、日本語教育においては、より一層の課題が生じていると言えます。

解決策としてのICTの活用

日本語指導においては、ICTの活用が有効な解決策となります。子どもたちは毎日学校に通うことが自然な環境にありますが、日がなくなると学校に行くのを嫌がったりすることもあります。そこで、ICTを使ってオンラインで日本語指導を行うことで、より効果的な指導を行うことができるでしょう。

また、子どもたち

58:21 - 1:05:21

オンライン授業の展望とタブレットの活用について コメント支援について

新年度が始まり、今後の展望について教育委員会を含めた議論を進めていくことが必要である。特に、オンライン授業による効率的な教育の提供と、それに伴う支援の強化が求められる。しかし、オンライン授業の場合、Lineなどのツールによって授業を取り出すことが容易であるため、子供たちのabcでの支援において、驚異的な力を持つ先生とのつながりが必要である。さらに、このような支援をより高めるためには、予算の充実が求められる。

タブレットの活用について

タブレットは文房具の一つとして、子供たちが学習する上で重要なツールとなる。例えば、不登校の子供たちの保護者が近所の人に連絡帳を渡す必要がなくなり、負担が軽減されるなど、負担を減らすための整備が必要である。また、教師の働き方改革にも注目すべきである。そのため、ICTの使い方だけでなく、教師の働き方についても学び、考える必要がある。さらに、タブレットをICTオンライン授業の道具として扱うのか、創造や想像の道具として扱うのか、その使い方についても考慮する必要がある。

今後の展望について

政府は、第2次補正予算で学習補償等に必要な人的体制の確保に予算を充てており、退職した教員や教職課程の学生、大学生など幅広い人材を雇用し、子どもたちを誰一人取り残すことなく最大限に学びを保証することが求められる。特に、親のフォローが十分できない場合には、開いている教室に集まってもらって学習のフォローをするなど、子供たちの学習環境の整備が求められる。

1:05:26 - 1:11:59

学校教育におけるICTの活用 概要

学校教育において、ICT(情報通信技術)の活用は欠かせないものとなってきています。この記事では、保護者や教職員がICTをどのように活用することができるかについて、さまざまな観点から掘り下げていきます。

人材の活用

人材の活用という点では、教職員が生徒の学習においてICTを活用することが大切です。また、保護者とも情報共有をしながら、生徒の学習をサポートすることが重要です。

保護者の役割

保護者としては、学業だけでなく、思い出づくりのための行事やイベントの実施が大切です。特に、コロナ禍により旅行ができなくなった場合でも、代わりの行事を企画することが必要です。

ICTの活用

ICTを活用した学習に関しては、授業の補足やリマインドを行うことができます。例えば、実験の映像を見せることで、生徒がより深く理解することができます。また、地域のウィークエンドスクールなどの取り組みを活用することも重要です。

まとめ

今後、学校教育においてICTの活用はますます重要になっていくことが予想されます。教職員や保護者、地域の方々が力を合わせて、ICTを活用した学習環境の整備に取り組んでいくことが必要です。

1:12:01 - 1:18:23

ictによる教育の可能性と展望 はじめに

近年、情報通信技術(ict)の進歩により、教育現場でもその活用が進んでいます。今回は、ictを用いた教育の可能性と展望について、議論をしていきます。

ictに向けた事業の可能性

先輩方もいらっしゃいますので、そういったところにあのctに向けての事業を取り入れるって言うことをすると、これかなり可能性あるんじゃないかなと思います。いかがでしょうか。

地域づくりにおける活用方法

地域づくりにおいて、アニ漫中島さんがおっしゃる通り、ictの活用の仕方っていうのも十分にこれから考えていきたいと思っております。また、一つの学校に1箇所1箇所に学科の英語の先生を配置するんじゃなくて、やっぱりの先生でへ一斉に配信すれば皆さんだと同じ授業を受けられながら、あの英語の先生の発音だけじゃなくて本当にあのそういった場であの海外で英語を使っている方のそういった声を聞くことができるのか、そういった活用の仕方もあるのかなと私はあのっております。

都内における差

千代田区や文京区はとても進んでいる印象です。どういった違いがあり内でこのような差が生まれるのでしょうか。長や教育委員会の意識の違いでしょうか。

地域ごとのハード整備の差

例えば、そのハードですね。実際にお金がかかる整備。これについては当然その自治体の財政力に関わるところは当然あります。そういった意味では、承諾分極ここには上がってないですけれど、中央区渋谷区辺りでしょうか、港区はてるでしょうか、あの確かにそのハードを の予算を投入するスピードっていうのは必然的に上がってはきますよね。ただそのどこも限られた予算をどこにあの教育の中でもどの分野に投下しているのかっていうところもあります

1:18:24 - 1:24:23

小中学校におけるICPの現状と展望 はじめに

本記事では、小中学校におけるICPの現状と展望について解説します。ICPとは、ICTを活用した授業のことであり、現代の子どもたちにとって欠かせない学習方法の一つです。この記事を読んで、ICPについて正しく理解し、今後の教育に役立てていただければ幸いです。

現状

現在の小中学校におけるICPの状況は以下のようになっています。

  • 一部の学校では、ICPを活用した授業が行われている

  • 教員のICTスキルに差があるため、授業の質にばらつきがある

  • 機器の不備やネットワークの不調により、授業が中断されることがある

これらの課題を解決するためには、教員のICTスキル向上や、機器の整備、ネットワークの強化などが必要です。

展望

ICPを活用した授業の展望は以下のようになっています。

  • 将来的には、全ての学校でICPが活用されるようになる

  • AIを活用した個別学習や、グループ学習が一般的になる

  • オンライン授業が一般的になり、場所や時間にとらわれない学びが実現される

これらの展望を実現するためには、教員のICTスキル向上だけでなく、学校全体でICTに対する理解を深め、機器やネットワークの整備、AIやオンライン授業に対応するためのITシステムの構築が必要です。

まとめ

小中学校におけるICPの現状と展望について解説しました。ICPを活用した授業は、現代の子どもたちにとって欠かせない学習方法の一つであり、今後ますます重要性が高まっていくことが予想されます。教育現場全体で、ICTに対する理解を深め、環境整備を進めることが求められます。


閲覧数:33回0件のコメント
記事: Blog2_Post
bottom of page