top of page

AIによる要約『あさみの政治トーク - 地域を盛り上げる議員/市民たち』第5回目 ゲスト:三次ゆりかさん


『あさみの政治トーク - 地域を盛り上げる議員/市民たち』第5回目 ゲスト:三次ゆりかさん の動画とAIによる纏めです。






AIによる要旨と要約 ※ 文字おこし及び要約に実際とは異なる内容があるかもしれません。あらかじめご了承ください。



要約



PARTIAL SUMMARIES

区議会議員の子育て支援 三次ゆりかさんの紹介 今回は江東区議会議員の三次ゆりかさんをゲストに招いて、子育て支援の話をしていただきます。 議員になるきっかけ 三井さんはシングルマザーとして生活保護を受けるために行政窓口に相談した際に、若いから働けるでしょうと言われたことがきっかけで、自殺を考えた経験もありました。その後、預け先にも困っていたことから、子育て支援に力を入れるようになり、区議会議員に立候補しました。 子育て支援の取り組み 三次さんは、子育て支援に力を入れており、区内には多くの施設があります。例えば、子育て支援センターや母親学級などがあり、子育て中のママたちが集まって情報交換をする場が提供されています。 市民参加の大切さ 三次さんは、市民参加が大切だと考えており、区民の声を議会に届けることで、よりよい政策を実現するための努力をしています。 まとめ 江東区議会議員の三次さんは、自身がシングルマザーとして生活保護を受けるために行政窓口に相談した経験から、子育て支援に力を入れ、区議会議員に立候補しました。市民参加の大切さを説き、子育て支援に力を入れることで、区内のママたちが子育てしやすい環境を作ることを目指しています。

子育て支援策について はじめに 今回は、子育て支援策について取り上げます。子育ては、親にとって大きな負担であり、社会全体が子育てを支援することが求められています。今回の記事では、議員である三杉さんによる子育て支援策に関するお話を紹介します。 子育て支援策の充実について まず、三杉さんが取り組んでいるのが、子育て支援策の充実です。彼女は、選択ができる社会を目指しており、子育て支援策においても、様々なメニューを用意することが必要であると主張しています。 ゆりかごについて 議員として、三杉さんは特に「ゆりかご」の推進に力を入れています。彼女自身、シングルマザーとしての経験から、一人で子育てをすることの大変さを痛感しています。また、特定妊婦、性被害に遭われた方、虐待されている方など、様々な事情を抱えた人たちが存在することにも触れています。 ゆりかごは、これらの人たちにとって、とても大切な役割を果たしています。三杉さんは、都内にゆりかごを設置することで、多くの命を守りたいと考えています。 議会における性教育の重要性 三次さんは、性教育の大切さにも注目しています。性教育が不十分なため、未成年者が性犯罪の被害に遭うことが多くなっていると指摘しています。そこで、議会でも性教育の重要性を訴えるとともに、環境整備にも注力していきたいと考えています。 まとめ 三次さんは、子育て支援策に力を入れており、特に「ゆりかご」の推進に熱心に取り組んでいます。彼女は、選択ができる社会を目指しており、子育て支援策においても、様々なメニューを用意することが必要であると主張しています。また、性教育の重要性にも注目してお


ベビーシッターの需要について はじめに 北海道には、行政が推進していないが、需要があると思われるベビーシッターのサービスが存在する。しかしながら、関東から来る人たちも含め、需要があると思われる都内には存在していない。そこで、この問題について考えていく。 需要の背景

  • 熊本にあるが、関東からの需要もある

  • 東京など都内から熊本に行く場合、最低23時間かかる

  • 赤ちゃんの洋服やオムツが用意されていない等、不便な状況にある

区の対応

  • BBCの予算案に関して、区としては動けなかった

  • 修正案を出すため、区議会議員4人が必要

  • 修正案を出すために、周りの会派にお願いをするもダメだった

  • ただし、出したいという意見がある会派や議員もいる

重松議員の動き

  • 答弁をふわっとしたものから具体的なものに変更するよう調整をしている

  • 多方面からアプローチをしている

  • 熱を伝えることが大切だと考えている

結論

  • 都内にも需要があると思われるため、取り組みが必要

  • 区としての対応が難しい場合でも、個人や民間企業がサービスを提供することは可能

  • 熱を持って取り組むことが重要である


教育充実に向けての提言 教育の重要性 教育は社会を形成する上で非常に重要な役割を担っています。そのため、教育を充実させることは非常に重要な課題となっています。 ICTとAIを活用した教育 現代社会においては、ICTやAIなどのテクノロジーを活用した教育が注目されています。これにより、教員の負担を軽減しつつ、効率的かつ効果的な教育が可能になるとされています。 地域住民の参加 教育は地域住民の協力がなければ成り立ちません。地域住民を教育に参加させ、地域全体で教育を支える仕組みを作ることが必要です。 社会性を身につける場所としての教育 教育は単に知識を身につける場所ではありません。社会性を身につける場所としても重要な役割を担っています。勉強だけでなく、コミュニケーション能力や協調性などの社会的なスキルを身につけることができるような教育を充実させることが必要です。 動画学習の重要性 教育の形態も変わってきており、動画学習が増える傾向にあります。これにより、個人が自分のペースで学ぶことができるようになりました。しかし、わからないことがある場合には教員に質問する機会も大切になってきます。 教育を充実させるためには、ICTやAIを活用しつつ、地域住民を参加させ、社会性を身につける場所としての教育を実現する必要があります。また、動画学習の重要性も認識し、教員との質問や対話の機会も大切にしていくことが必要です。

学校でのICTの活用について はじめに 学校におけるICT(情報通信技術)の活用は、今後ますます重要になってきます。しかし、その実現には様々な問題があります。この記事では、学校でのICTの活用について、実際の例を交えながら考えていきたいと思います。 学校内での授業 基本的には動画で授業を行い、その後に質問や疑問に対応する形が望ましいと考えられます。しかし、低学年のお子さんについては、動画だけでは理解が難しい場合があるため、先生との対話形式が必要となるでしょう。その場合、チャットよりも話しながらの指導が望ましいと思われます。 管理について 親御さんが管理できない場合は、学校で対応する必要があります。そのためには、学校でのICTの活用が重要です。しかし、そのためには、管理するための専門的なスタッフの配置が必要となります。 先生の負担について ICTを専門的に扱うスタッフの配置により、先生の負担を軽減することができます。具体的には、科目ごとに専門の先生を配置することで、教師はICTの補助に徹することができます。 例えば、江東区の場合 最後に、江東区の例を挙げて考えてみましょう。江東区では、クラブブックというPCを配布しています。しかし、そのスペックは微妙であるという指摘があります。また、別の区ではもう少しマシなPCを配布しているという話もあります。こうした問題に対しては、予算を増やしてもう少し良いものを配布するという方法も考えられます。 以上、学校でのICTの活用について考えてきました。学校でのICTの活用がますます重要になる中、様々な問題に対応しながら、より良い教育を提供することが求められています。

教育委員会が選ぶ教育用端末、今求められるものとは? はじめに 教育現場でもデジタル化が進む中、教育委員会が選ぶ教育用端末に注目が集まっています。ただ、教育委員会が選んでいる端末が必ずしも最適なものとは限りません。今回は、教育委員会が選ぶ教育用端末について考えてみたいと思います。 教育委員会が求めるもの 教育委員会が選ぶ教育用端末には、以下のような要素が求められていると言われています。

  • 軽さ

  • 落としても壊れない

  • 性能

しかし、実際には教育現場で使う端末に求められる要素はさまざまであり、教育委員会が選んでいる端末が必ずしも最適なものとは限りません。 実際に使ってみての感想 ある教師が教育用端末について以下のような感想を述べています。

  • WindowsのSurfaceが軽くて使いやすい

  • iPadは重くて勉強するには厳しい

  • GoogleのOSも使いやすいが、まだ重い

  • Chromebookは壊れにくいが、重くて使いにくい

また、教育用端末に求められる性能についても、はっきりした定義がなく、明確にやっていないという指摘があります。 結論 教育現場で使う教育用端末には、軽さや性能など様々な要素が求められます。教育委員会が選ぶ端末が必ずしも最適なものとは限りませんが、柔軟な対応をしてくれる教育委員会もあるということです。また、実際に使用してみることが重要であり、自分に合った端末を選ぶことが大切です。

PCの選択と教科書の置き勉について はじめに ChromebookからWindows、MacBookなど、現代ではPCの選択肢が増えています。しかし、子どもたちにどのPCを与えるべきか、という問題が生じています。また、教科書の置き勉についても、重さや持ち運びの負担など、問題があると指摘されています。本稿では、このような問題点を取り上げ、検討していきたいと思います。 PCの選択

  • ChromebookだろうがWindowsだろうが、どれを使ったって一緒だろうと思っている人もいる

  • MacBookAirを配ると喜ぶ子どもたちもいるが、落として壊してしまう可能性もある

  • 自己負担の親は大変そうである

教科書の置き勉について

  • PCを持ち帰る場合、教科書は学校に置いておけるように宿題をChromebookでできるようにする必要がある

  • 教科書ノートで宿題をやらせる場合は、Chromebookは学校に置いておく

  • コンセントが足りない場合、充電のために持ち帰らせることもある

  • 重さや持ち運びの負担が大きいため、成長期の子どもたちには負担がかかる

コメントから

  • PCのスペックは最低限でも壊れなければいいと思われる

  • コンテンツに親の負担をかけるのは必要ないという意見もある

  • 有明小学校は教科書は置き勉、パソコンは毎日持ち帰る

  • 成長期の子どもたちには重さが負担すぎてかわいそうである

  • 小学校の教師たちの悩みが大きいと聞かれる

結論 PCの選択や教科書の置き勉について、一概に正解があるわけではない。それぞれの家庭や学校事情に応じて、適切に判断し、選択する必要がある。重さや持ち運びの負担については、今後の改善が望まれる。また、教師たちの悩みが解消されるよう、支援や周知が必要 45:24 - 54:41

地域通貨、アート、ロケツーリズム - 江東区の経済活性化について 学校におけるオンライン授業について 学校においてインフルエンザなどの病気にかかった場合、オンライン授業ができないかどうかについての質問がありました。教育長や西学園にも確認が取られ、体調が回復するまでは休ませるという方針があるものの、3日目以降は勉強に取り組むことができるという意見も出されました。 地域の経済活性化について 江東区内の経済活性化に関して、地域通貨、アート、ロケツーリズムの導入が提案されました。地域通貨は観光客が利用しやすい仕組みを作り、アートや花を取り入れた街づくりを行うことで、観光客の誘致を促し、経済活性化につなげることができると考えられます。また、ロケツーリズムによる撮影現場の誘致も雇用の観点からも有効な手段となります。 アートの街づくりについて アートを取り入れた街づくりについては、議員自身が「アート議員」と呼ぶほど熱心に取り組んでいます。花を使ったウェルカムショーの提案や、地元のロケツールでの撮影現場の誘致など、アートを取り入れた地域活性化に向けた提言が行われました。ただし、ドローンなどの使用には許可が必要であり、ハードルが高いことも指摘されています。 江東区の地域通貨、アート、ロケツーリズムなどの導入により、地域経済の活性化が期待されます。しかし、実現にはまだハードルが残されており、具体的な計画策定が求められるでしょう。

江東区観光の課題と可能性 現状と課題 江東区は、テレビドラマや映画のロケ地として有名ですが、フィルムコミッションの未整備やロケハンの困難など、課題もあります。また、観光客の増加によるマネジメントの必要性や、ドローンや空撮の規制なども課題の一つです。 観光振興策 江東区は、地域通貨の導入やQRコードを利用した3万円分の地域内で使えるクーポンの配布など、観光振興策を積極的に行っています。しかし、それらの施策に対する市民の反応はまちまちです。 観光客増加への対策 観光客の増加によるマネジメントについては、ルールや管理体制を整備する必要があります。また、観光客が増えることで地域経済にもプラスの影響があるため、観光客を呼び込むための施策も重要です。 観光と地域通貨 地域通貨の導入は、地域経済の活性化に繋がります。江東区の地域通貨は、地域内での利用が前提となっていますが、今後は観光客にも広がっていく可能性があります。地域通貨を使った観光施策に注目が集まる中、新たな可能性が広がっています。 まとめ 江東区は、観光客を呼び込み、地域経済を活性化させるための施策を積極的に行っています。しかし、課題も残されており、今後も施策の改善や新たな取り組みが必要です。観光と地域通貨の関係性を考え、新たな観光施策の可能性についても注目が集まっています。

スポーツツーリズムと地域コインについて 地域コインとは 最近、地域コインというものが注目されています。これは、地域内でのみ使用できる通貨のことで、アクアコインなどがその一例です。地域内の加盟店でしか使えないため、地域経済の活性化につながると期待されています。また、還元やクーポンなどの特典があるため、地域コインは地域商品券とは違い、その後の流通が可能となっています。 スポーツツーリズムについて スポーツツーリズムとは、地域のスポーツイベントを通じて観光客を呼び込むことを指します。スポーツイベントには、地域でしか行われないものも多くあり、そのために地域コインの導入が注目されています。 スポーツ施設の活用について スポーツ施設は、スポーツツーリズムにおいて大きな役割を果たします。しかし、施設の活用については課題も多くあります。たとえば、夢の島のスタジアムは、管理に手間がかかり、公共交通機関がないためにスポーツイベントにはあまり活用されていません。さらに、芝生分析などで観客席が限られていることも問題となっています。 スポーツ施設の複合化について スポーツ施設を複合化することで、活用の幅が広がります。たとえば、保育園や病院、介護施設などを併設することで、地域のニーズに合わせた施設として活用できます。また、芝生席を広げることで、より多くの観客を収容することも可能です。 コメントについて コメントには、地域イベントの開催についての要望や、スポーツ施設の複合化についての提言が寄せられました。地域コインを活用したスポーツツーリズムの推進や、スポーツ施設の活用方法について、より多くの意見交換が必要とされます。

都市計画についての問題点と提言 問題点 都市計画において、新しい施設の整備が進んでいく一方で、住民の生活インフラが追いつかないことが問題となっています。例えば、豊洲地区では新しい施設ができる一方で、バスの本数が不足しているため交通渋滞が発生し、自転車事故なども多発しているといいます。また、空き家問題においても、再生活用を進めるためには、インフラ整備も同時に行う必要があると考えられます。 提言 空き家問題に関しては、起業家やアーティストに貸し出すなど、新たな利活用方法を模索することが求められます。また、江東区の降ろすことができない条例を緩和し、船や水上タクシーなどの交通手段を整備することで、都市計画をより有効に活用することができるようになるでしょう。更に、交通インフラにおいては、無人タクシーやBRTバスの導入など、最新技術を活用することも必要です。しかし、これらの取り組みにあたっては、住民の声をしっかりと反映することが大切であることを忘れてはなりません。

公共交通機関と地域福祉施設の現状と課題 無人AIバスによる新たな公共交通機関の導入に期待 最近では、無人のAIを搭載したコミュニティバスのテスト運用が行われている。これにより、将来的には車による交通が大きく変わる可能性がある。地方でのテスト運用が行われているものの、都心部での導入はまだ少ないため、区長としては、トライアルシティを設立して、AIバスのテスト運用を進めたいと考えている。また、選挙後に話し合いを行い、企業と協力して導入を進めることを検討している。 BRTの拡充による公共交通機関の充実を目指す BRT(バス・ラピッド・トランジット)は、都心部の混雑を解消するために有効な公共交通機関の一つである。現在、BRTは東京都内でも運行されており、さらに拡充することで、より多くの人々に利用してもらえるようにしたいと考えている。 地域福祉施設の整備が課題となっている 区役所の調査によると、福祉施設の整備が不十分であることが分かっている。しかし、計画が立てられていないことが現状であり、早急に対策を講じる必要がある。また、庁舎の建設にあたり、民間の施設を活用することで、収益を得ることができるような仕組みを導入したいと考えている。 地域交通機関と福祉施設の課題を解決するために これまで述べた課題を解決するためには、以下のような取り組みが必要と考えられる。

  • AIバスの導入促進

  • BRTの拡充

  • 福祉施設の整備計画の策定

  • 民間施設の活用による庁舎の建設

  • 地域住民との話し合いによる取り組みの推進

以上の取り組みにより、より良い地

政策と子育て:小さな施設を活用した子育て支援の可能性 待機児童問題を背景にした小規模な保育施設の必要性 待機児童問題が深刻化している中、小規模な保育施設の需要が高まっています。保育園に入園できない場合、訪問型保育やベビーシッターなどを利用することが求められています。そこで、大規模な施設だけでなく、小さな施設を活用することが必要とされています。民間の人たちにも貸せるような、コンパクトで使いやすい公共施設を整備することが求められています。 高齢者と子どもたちの関係の複合施設 高齢者と子どもたちが一緒にいることは、子供たちの成長にとって重要な要素です。そのため、高齢者と子どもたちが一緒にいる複合施設の整備も求められています。合同運営により、バラバラな施設ではなく、一つの場所で多世代の交流が生まれることが期待されています。 子育て支援としてのベビーシッター支援事業 ベビーシッター支援事業は、小規模な保育施設を利用することを支援するために必要です。第三者に預けることで、母子分離を実現することができます。ただし、単に引き離すだけでなく、子育てをする大人たちの支援も必要です。 まとめ 待機児童問題を背景に、小規模な保育施設の整備が求められています。また、高齢者と子どもたちが一緒にいる複合施設の整備や、ベビーシッター支援事業など、子育て支援をするための取り組みも必要です。小さな施設を活用した、使いやすい公共施設の整備が求められています。政治家は、次の世代につながる政策を提案し、世代交代を促進することが求められています。

赤ちゃんポスト政策について 自民党のトップクラスが同じ政策を掲げていることに驚いたという水木しげる氏。特に、赤ちゃんポスト政策に関して、自分が一番に持ってくると言う政治家はいないと思っていたが、木村さんと共に準備をしていた。しかし、自民党が2つに分かれたため、自分が出ようとしたが、割れる恐れがあり、制作を潰すことになるため、江東区で育て向けの製作を推進するためには1人に絞るべきだとの結論に至った。 人間関係について 一騎さんの件や、一緒に行く約束をしていた人が避けているように感じたことについて水木氏は語った。例えば、区長になった時には久喜さんのお話を聞いてくれなくなるのではないかと不安を感じていると話した。また、ガス交換会や席で一緒になる旅への誘いにも、何も返事がなく、自分が嫌われているのではないかと感じていた。水木氏は、SNSで活発に発信しているので、気軽に連絡してほしいと呼びかけた。 議員の仕事について 水木氏は、議員の仕事についても言及した。例えば、水の科学館などの施設を回遊するための巡回バスの導入や、無人タクシーの導入が望ましいと語った。また、自分の意見を言うことができる場所として、公式LINEを紹介した。 今回のトークセッションでは、水木しげる氏が自民党議員としての政策や人間関係について語った。彼の提言には、地方創生にもつながるアイデアが含まれており、参加者たちは刺激を受けたことだろう。

閲覧数:21回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page