top of page

AIによる要約『あさみの政治トーク - 地域を盛り上げる議員/市民たち』第4回目 ゲスト:重松 佳幸さん


『あさみの政治トーク - 地域を盛り上げる議員/市民たち』第4回目 ゲスト:重松 佳幸さん の動画とAIによる纏めです。







AIによる要旨と要約 ※ 文字おこし及び要約に実際とは異なる内容があるかもしれません。あらかじめご了承ください。


要旨


今回の議論では、地域を盛り上げるための5つのテーマ(子育て支援策の重心充実、教育、地域経済、都市計画の整備、公共施設の整備)が取り上げられました。子育て支援策やシッター制度の検討、ギガスクールの取り組みや発達障害のある子どもへの支援、道徳教育や個性を伸ばす教育が重要だとされています。また、付加価値のある産業創出やSDGsに関連した取り組みが地域経済に重要であり、江東区の立地的な優位性を活かしたまちづくりが期待されます。福祉施設や公共施設の整備も課題となっています。さらに、長期計画の整備や予算、土地利用について議論され、教育機関の公私の役割のバランスや国際化が重要だとされています。最後に、行政と議会の権限と権能が異なることが指摘され、課題解決に向けたアイデアを提案しました。





要約



子育て支援策と地域活性化に向けた議論


1. 子供の支援策の充実について

· 江東区で実施されている子育て支援策

· 実際に実現につながった事例として、妊娠届け提出時の妊婦面接の現状と改善提案

· 豊洲のシビックセンターで届け出後、枝川の保健相談所ではなくシビックでそのまま面接を受けれるようにする

2. 支援策の重心について

· 江東区の子育て支援策の取り組み

· 重点的に取り組むべき分野の議論

3. 教育の地域について

· GIGAスクールとタブレットの導入

· 先進的な取り組みとその評価

4. 経済としての地域活性化

· 地域経済の活性化に向けた提案

· コロナ禍での対応と今後の展望

5. 都市計画の整備について

· 豊洲市場の取り組み

· BRTや地下鉄の整備は、都市整備局との協力体制

· 清掃一部事務組合との連携

· 海沿いの街の取り組み

· 港湾局や環境局との協力

この記事では、子育て支援策の充実や地域活性化に向けた議論が展開されています。江東区の子育て支援策や教育におけるGIGAスクールタブレットの導入、経済や都市計画の整備について話し合われています。これらの取り組みを通して、地域がさらに活性化されることが期待されています。


08:00 - 14:50


子育て支援策の充実に向けて

現状の子育て支援策の柱

1. 経済的支援: 3万円分の電子クーポン

2. 施設運営系支援: 児童館や子供家庭支援センターの充実

3. その他の支援: 子ども食堂や家事育児サポート


今後の子育て支援策の展開

· 児童の虐待防止や児童相談所の充実

· 世代間の支援のバランスを考慮

· 限られた予算を将来世代への投資に振り向ける


財政的裏付けの重要性

· パイの大きさが限られている

· 投資的経費を捻出するために検証が不可欠


ベビーシッター導入に関する議論

· 新事業に対応するには財源と事務負担に限度がある

· 東京都が費用を補助するも、利用者数の割に事務負担も大きい

· 安全性の確保が重要


子ども家庭支援センターの現状と改善策

· 施設があるが利用が難しい状況

· 予約システムの改善

· 保育園の余剰枠を一時保育として開放する検討


15:50 - 23:02

子育て支援策とシッター制度の検討

シッター制度に対する前向きな答弁修正

· 事業化するか未定だが、選択肢の一つとしてシッター制度が挙げられている

· 現在のステータスは、可能性がゼロではない状況

子供ども家庭支援センターの充実

· 江東区は相対的に充実している

· 前向きなコンセプトで整備されている

· 利用人数制限があったが、徐々に緩和されつつある

· 児童館で保育的機能を入れる進捗が進行中

東京都の課題と疑念の払拭

· ベビーシッターマッチング業者のうち過去に問題を起こした事業者がある

· 東京都がその課題に対して説明責任を果たすべきだが明らかではない

· 江東区では疑念が払拭できていない

· 東京都から適切な説明がない限り、採用が難しい

事業委託の検討

· 江東区で実施する場合、全ての事業者を対象にする必要はない

· 例えばAからZまである会社のうち、ABCの会社と契約できる

· 契約方法も再検討すべき

住民の期待と行政側の安全性確保

· 住民はサービスを待っているが、安全性が重要

· 行政側は安全性を最優先に検討すべき


23:56 - 30:30


将来世代に回せる余地がある

子育て支援だけでなく、将来世代への投資をしていく必要性

福祉事業はもちろん大切なものであるが、将来世代に回せる余地はあると考えている。子育て支援に限らず、将来世代への投資的経費に使えるお金を捻出することが重要である。そのためには財政側とのやり取りを重ね、具体的な努力を重ねていく必要がある。


日本版DBSを導入することについて

日本版DBSを導入することについて、安全性が確保できるのではという話題があった。ただ、現在日本にはそのような制度がなく、法律で縛ることが必要になる。また、論点として、性犯罪に限らず、他の犯罪にも対応することが求められる。


再犯を防ぐための制度

制度を設けることで、再犯を防ぐことができる。ただ、その制度が人権と整合性があるかどうか、また、他の犯罪にも対応できるかどうかという問題がある。制度を設ける際には、慎重に議論を重ねる必要がある。


別の業者が同じ問題を引き起こす可能性

再犯を防ぐための制度を設けることで、同じ問題を引き起こす可能性を減らすことができる。ただ、その制度が他の業者にも適用されるかどうか、また、別の問題が起きる可能性もあるため、慎重な対応が必要である。 以上のように、将来世代に回せる余地がある授業や子育て支援について考えるとともに、安全性を担保するの制度を設けることが必要である。ただ、その際には慎重に議論を重ね、人権や他の犯罪にも対応できるようにする必要がある。


35:25 - 41:58

発達障害児との付き合い方とICT導入

はじめに

本稿では、発達障害児との付き合い方、そしてICT導入による学校現場の課題について考えていきます。


発達障害児との付き合い方

幼稚園や小学校など、子供の教育において発達障害児との付き合い方は重要な課題の一つです。適切な支援を受けることで、発達障害児は少しずつできることが増えていきます。しかし、ご家族の判断も重要であり、体制面でもまだ十分なサポートが整っていない状況があります。特に区立の幼稚園などがその受け皿になっている現実がありますが、まだその体制面では不足があるため、予算面での働きかけが必要と考えられます。


ICT導入による学校現場の課題

先生たちにやらなければいけないことは増えており、PCやITの知識、英語なども求められるようになっています。また、事務作業も増えているため、教員がいっぱいいっぱいになっている状況があります。ICT専門のサポート要員を各学校に設置することや、事務作業のための事務員を配置することなどが必要と考えられます。


発達障害児に特化した施設の必要性

湾岸地域には子育て世代が増えており、発達障害の子供たちのための施設が不足している状況があります。特に、軽い障害の子供たちが通うような学校がなく、遠くまで通う必要があるため、親御さんのサポートがないと通えない子供たちにとっては、ハードルが高い状況にあります。そのため、施設の数を増やすことが必要と考えられます。 手当てをしなければならない現状。学校現場において、人の手でやらなければいけない仕事が多い


46:23 - 53:08


ICT機器の利用と公立学校の現状について

はじめに

最近は、ICT機器を利用した授業が増えている一方で、その導入に伴い、制約や問題点も浮き彫りになってきました。ここでは、ICT機器を利用することによって引き起こされる公立学校の現状について、様々な視点から考察していきたいと思います。


ICT機器利用の問題点

ICT機器を利用することで生じる問題点には、以下のようなものがあります。

· 利用制限が厳しい

· 導入に伴い、ICT指導員の確保が必要

特に、利用制限に関しては、リスクがあるから禁止にするという考えは間違っており、使い方を教育するべき。包丁やハサミを危険だから禁止するといったレベルの話。 また、ICT指導員の確保も問題となっています。現在は、各社がICTインフラを提供しているため、競争入札によって選定された事業者がICT指導員として派遣されています。しかし、ICT機器の利用については、まだまだ導入初期の段階であり、問題点も多いため、よりテクニカルなサービスが必要とされています。


公立学校と私立学校の違い

公立学校と私立学校では、教育方針や法律上の制約など、大きな違いがあります。特に、公立学校は、行政側や教育委員会側が頑張れば、世論の温度感に近い形にアジャストしていけるという側面があります。 一方、私立学校では、独自の理念に基づいた教育が提供されており、その学校独自で意思決定ができるため、個性的な教育が行われています。


教育の個性を伸ばす

ICT機器を利用することによって、個性を伸ばす仕掛けを考える時期との意見も出ました。


57:33 - 1:04:10

地域経済の活性化

区役所では、商店街振興が着目されるが、ここでは区内経済を拡大していくという観点で議論を進めている。


公共施設整備とも関連するが、地域も限定し、豊洲東雲有明青海海の森での付加価値のある新産業に期待している。


住民が目にする地域では、豊洲市場の場外、来年2月に開業する千客万来施設だけではなく、江戸前場下町の跡地開発に注目。豊洲市場で取り扱われている品物の価値を訴求する開発を主張している。



東京オリンピックと地域経済

2020年に延期され、2021年に開催された東京オリンピックは、日本だけでなく世界中で注目を集めました。大会が行われた東京都内でも、多くの人々が大会に関心を寄せていました。しかし、東京オリンピックが地域経済にどのような影響を与えたかについては、測定が難しく評価が難しい。


地域経済と東京オリンピック

東京オリンピックは、日本全体の経済にとって重要なイベントでした。しかし、東京都内の地域経済において、その経済効果はどの程度あったのでしょうか。実際に、東京都はオリンピックを通じて、地域経済の活性化を目指していました。そのため、大会によって地域経済に与えた影響について、注目されています。


東京都の施策

東京都は、オリンピックを通じて、地域経済の活性化を目指して、様々な施策を行いました。具体的には、以下のようなものがあります。

· 有明地域のスポーツイベントの活性化

· 豊洲市場の周辺地域の開発

· 東京オリンピック開催に伴う交通インフラの整備

これらの施策によって、地域経済が活性化し、東京都の経済に貢献したとされています。


地域経済の課題

しかし、東京オリンピックが地域経済に与えた影響は、必ずしも大きくはありませんでした。これは、地域経済の課題が大きかったためです。地域経済において、以下のような課題が存在していました。

· 業種の偏り

· 人口減少による需要の低迷

· 地域ブランドの未確立

これらの課題を解決するためには、長期的な施策が必要であることが示唆されています。


まとめ


東京オリンピックは、日本全体の経済にとって重要なイベントでした。しかし、地域経済に与えた影響は必ずしも正確に測れていないのが現状だと思われます。

1:09:19 - 1:15:58


土地計画と福祉施設整備について


新技術によって生まれる新産業の期待

新技術の発見や実用化によって、共生が可能な環境や新産業が生まれることに期待が寄せられています。

有明地域の土地計画と景観の整備

有明地域では、新たな開発が進んでいる中で、流入人口の調整が必要となっています。そのため、有明北地域などの土地計画と景観の整備に注目が集まっています。

地下鉄8号線と臨海地下鉄構想、BRTの重要性

江東区全体や東京都に関連する都市計画では、地下鉄8号線の延伸や臨海地下鉄構想、そしてBRTの導入が重要な課題となっています。特に、南北の交通インフラの整備が必要であり、BRTなどを活用することが有効とされています。

羽田空港アクセス線の重要性

羽田空港アクセス線の整備も、有明地域にとって非常に重要です。将来的には、豊洲や有明から羽田空港までのアクセスが改善されることで、国際競争力が向上することが期待されています。

福祉施設や公共施設の整備について

福祉施設や公共施設の整備についても、重要なテーマとなっています。施設の整備によって、地域の人々がより快適な暮らしを送ることができるようになります。この点については、今後も注目されていくでしょう。


1:20:40 - 1:26:48


江東区における高齢者と子供たちの交流を促す公共施設の必要性

概要

江東区は高齢者が多い地域と子育て世代が多い地域に分かれており、今後期待される高齢者施設不足の解消について、区内に高齢者と子供たちが交流できる公共施設を作ることができないかという提案がされました。このような施設は、高齢者と子供たちが交流し、お互いに元気をもらいながら学び合う機会を提供することができます。


合築施設の例

東雲にあるグランチャ、住吉の児童館後にある特別養護老人ホームなど、高齢者向け施設と子供向け施設を合わせた合築施設がすでに存在しています。これらの施設では、高齢者と子供たちが交流し、お互いに学び合うことができます。


問題点と課題

合築施設のような公共施設は、行政的なハードルが高く、広域自治体からの補助金がもらえなくなってしまう現実的な問題があります。また、建設計画は人口動態に照らして考えられ、長期計画が立てられていますが、予算や物理的な問題などから、計画通りに進まないことがあります。また、これまでの計画に対する振り返りや改革も必要です。


課題解決への取り組み

合築施設を含む、高齢者施設の整備計画は長期計画に必ず書かれており、区民のニーズに基づいて整備が進められます。しかし、予算や物理的な問題などから、計画通りに進まないことがあるため、行政側と議会側で協力し、課題解決に向けて取り組む必要があります。


結論


江東区は高齢者が多い地域と子育て世代が多い地域に分かれており、このような地域には高齢者と子供たちが交流できる公共施設が必要



1:26:34 - 1:33:59

行政継続性と区長選挙、区政の制度上の問題点と改善のための働きかけ ゴルフリンクス予約事件

· 若洲ゴルフリンクスでの予約を巡る報道

· しげまつさん自身も通常通りの予約方法で利用

区長引退に関する質問

· 区長が体調不良で引退を決めたとの報道

· 継続性が重要であり、新しい首長や区議会による進化が期待される

行政継続性と江東区長選挙

行政継続性の重要性

· 行政継続性が重要

区長選挙のスケジュール

· 16日から選挙戦が始まり、23日が投票、24日が開票

現職区長の退任について

· 直近で体調不良による欠席があり、決断に至った。

· 退任の決断に対して敬意を表したい

江東区長と区議会議員の関係と今後の発展

江東区の発展と新しい住民へのニーズ対応

· 江東区は発展し、新しい住民のニーズに応える必要がある

· 江東区長と区議会議員の関係性

· 山﨑区長と重松区議は親子ほど歳が離れている

· 一番生意気な口を聞いていると自負しているし、面と向かって反対意見を言ってきたのは多分自分しかいないと思う

· 同じ職業として、政治家の人たちが役割を終えるのは寂しい


区長についての感想と心配

· 山崎区長は良い区長だと思う

· 緊急入院のニュースにびっくりした

· 2月の議会の本会議で体調が悪そうだった

· 呂律が回っていない様子が心配だった

· 早く退院して元気になることを祈る

新しい区長選挙と自民党の立場

· 自民党は特徴の候補者を選出する

· 自分は自民党員ではないが、選挙についての意見を述べる

行政と議会の違いと権限

· 行政と議会は権限と権能が異なる

· 区議会議員は提案をする立場

· 区間議会の第一党として責任感を持って物事を決める

今後の区長への期待

· 区長としての権限と権能を生かして仕事をしてほしい

· 新しい区長にはその気概を持って引っ張っていってほしい

オーディエンスからの質問と意見

· 答えづらい質問にも誠意を持って回答

· 委員会での活躍についての具体的な話が勉強になった

· 議論が楽しく、機会があれば再度行いたい


最後のコメントと感想

· ウサギさん: 本日ありがとうございました

· 晴海の元新人さん: 今回の話が非常に勉強になりました

· いとうさん: 今日の議論が楽しかったです


次回の政治トーク

· 次回は三次区議をゲストに開催予定

· 新しいトピックや政治に関する話題を取り上げる

· 参加者やオーディエンスからの質問も歓迎

· 政治に関心がある方々と意見交換を楽しむ場として続けていく


閲覧数:15回0件のコメント
記事: Blog2_Post
bottom of page