top of page

AIによる要約『あさみの政治トーク - 地域を盛り上げる議員/市民たち』第1回目 ゲスト:古賀じょうじさん


『あさみの政治トーク - 地域を盛り上げる議員/市民たち』第1回目 ゲスト:古賀じょうじさん の動画とAIによる纏めです。



AIによる要旨と要約


要旨


今回の番組では、政治トークを通して地域を盛り上げる議員と市民に焦点を当てています。古賀ジョージさんをゲストに迎え、彼の経歴や地元での活動を紹介しました。参加者たちは、それぞれの経験や背景を語り、地方選挙や政治に関する意見を交換しました。江東区の施策が他の自治体と比べて遅れているという意見があり、今後の挑戦や改善策について話し合いました。



要約




PARTIAL SUMMARIES

00:06 - 11:36


あさみの政治トーク地域を盛り上げる 第1回目

ゲスト紹介

今回の番組のゲストは古賀ジョージさんです。彼は江東区在住の区議会議員選挙挑戦予定者であり、大手金融機関での経験や江東区での経験を活かして活躍することを目指しています。他にもMCのあさみさんや、江東育ちのいとうさん、元はるみの新人さん、うさぎも参加しています。

番組構成

今回の番組は第1部と第2部に分かれています。第1部ではゲストの方に中心的にお話しいただきます。第2部では視聴者からの質問に答える形を取り、ゲストの方が回答します。視聴者の皆さんは、第2部ではコメントを書いていただけると参加しやすくなります。また、この番組は遊びの政治トーク地域を盛り上げることを目的としており、議員と市民たちの関係性を深めることができる貴重な機会となっています。

ゲストの話題

古賀じょうじさんは、大手金融機関での経験や江東区での経験を活かして区議会議員選挙に挑戦する意向を示しています。MCのあさみさんは、PTAの会長や選挙管理委員会の仕事を経験してきたことを紹介しました。いとうさんは、江東区に住んでいることや、麻美さんとの出会いを経て参加することになりました。また、元はるみの新人さんは、金融機関で働いていた際にタワーマンションの管理組合とかかわりを持ち、そこから政治に興味を持ったと語りました。 遊びの政治トーク地域を盛り上げる番組には、様々な分野の人が参加しています。今後も、議員と市民たちがより身近になれるような機会を提供していきます。視聴者の皆さんも、番組に参加することで政治に対する興味を深めることができるかもしれません。


18:27 - 24:58


江東区の魅力と子育て支援政策について

江東区の魅力

江東区は、広大な土地に大規模ショッピングセンターや公園、水辺で遊ぶことができる場所が多いことが魅力です。また、交通手段が充実しており、東西線や新宿線、バスなどで移動しやすいことも特徴的です。

子育て支援政策

子育て支援政策については、以下の5つのテーマについて考えています。 子供の教育機器の問題 江東区の子供たちの教育については、教員の働き方改革が必要と考えています。教員の労働環境改善が進むことで、教育の質が向上すると考えます。また、ICTの取り組みでも顕著な問題があります。江東区の教育委員会は保守的な姿勢を見せており、教育の質の向上に取り組む姿勢が欠けていると感じています。

子育て支援政策

子育て支援政策については、子育て世帯が子供を安心して預けることができる施設の整備や、子育て世帯への支援策が必要と考えています。江東区には、子育て支援施設が整備されていますが、まだまだ改善の余地があります。

税制社会保障について

江東区の税制社会保障については、社会保障制度の充実が必要だと考えています。また、高齢者の医療費負担軽減策の充実も求められます。

犯罪事案について 江東区の犯罪事案については、コミュニティの活性化や警察と住民との連携が必要と考えています。また、子供たちに安心して暮らせる地域づくりが求められます。

行政の課題について 江東区の行政の課題については、市民参加型の行政づくりが必要だと考えています。行政と市民が協力して


31:30 - 37:36


江東区におけるICTの取り組みと課題

はじめに

江東区において、学校でのパソコンを家で使うために持ち帰る必要性や、ICTの取り組みの遅れが指摘されています。本稿では、江東区におけるICTの取り組みと課題について考察していきます。

江東区のICTの現状

教育委員会から各学校に指示が降りてきて、それを各学校が実施実行しているとされています。しかし、教育委員会と学校の橋渡しがスムーズに行かない、あるいはスピード感に欠けるなど、不足感があると指摘されています。また、ICTの投資においても、江東区は少ないため、ICTの取り組みの遅れにつながっていると考えられています。 解決策として考えられること 現場に詳しい人を教育委員会に入れたり、教育委員会と学校の橋渡しがスムーズに行くようにしたり、PTAが意見をまとめて教育委員会に持っていくなど、組織の構造を改善することが考えられます。ただし、根本的な解決には、教育委員会や学校が保守的であることを変え、時代に合わせてICTに対応していくカルチャーを醸成することが不可欠です。

まとめ

江東区においては、ICTの投資の少なさや保守的な姿勢が課題となっています。現場に詳しい人を教育委員会に入れたり、組織の構造を改善することが求められています。しかしながら、根本的な解決には、教育委員会や学校が保守的であることを変え、時代に合わせてICTに対応していくカルチャーを醸成することが不可欠です。


43:58 - 50:46


現役世代が抱える社会保障制度の課題と税制改革について

社会保障制度の課題

現在の社会保障制度には、現役世代が高齢者の年金を支える負荷方式が採用されています。しかし、現役世代が減っていく中でこの仕組み自体も持続不可能となっており、増税もしくは社会保険料率のアップが必要になる可能性があります。これによって、将来的に現役世代は年金をもらえなくなる可能性もあるため、現役世代にとって不安が残る状況です。

ベーシックインカムの導入

そこで、日本維新の会は、現役世代の負担軽減のため、ベーシックインカムを導入するよう提言しています。ベーシックインカムは、現在支払っている税金が戻ってくる形式の社会保障制度であり、誰もが安心できる社会保障になります。また、年金の改革とともに、税制を簡素化する必要もあると考えられます。

税制改革

日本の税制は、複雑であり、所得や資産などの管理が困難な状況にあります。そのため、マイナンバーで正確に徴収する仕組みを導入し、税制を簡素化すべきだという考えがあります。また、頑張った人が報われる経済成長型の税制社会保障にしていく必要があります。税制改革によって、運用コストも減り、困窮している人への再配分も可能になるでしょう。


57:20 - 1:03:38


税金、子育て、犯罪と治安について

税金と子育て

毎月45%ぐらい給料から引かれている税金について、多くの人々が不満を持っています。子育て世帯にとっては、社会保険料や保育料も負担が大きくなります。育休中には社会保険料が取られないこともありますが、復帰後には保育料を払うことになります。また、高額な税金や保育料が取られることで、子育てを諦める人も少なくありません。このような状況を改善するために、保育料を安くしたり、先生たちの待遇を改善することが必要だと考えられています。

犯罪と治安

子供を持つ親にとっては、犯罪や治安についても心配事の一つです。学校からの変質者情報のメールは、教育委員会によってどこまで整備されているのか、更新されているのかなど、疑問が残るところがあります。また、近年では事件が起こることもあり、警察や公的機関頼みの防犯だけでなく、家族自身が自分たちの安全を守ることが求められています。さらに、啓蒙活動なども必要であると考えられています。

税金の付け替えについて

自治体レベルでの税金の付け替えは、大阪などの事例からも実現可能性が示されています。このような付け替えによって、高齢者から子育て世代への負担軽減が期待されます。今後は、江東区でも自治体レベルでの議会レベルでの取り組みが進められることが望まれます。

まとめ

税金、子育て、犯罪と治安について、多くの人々が問題意識を持っています。子育て世帯には負担が大きく、安心して子育てをすることができる環境が求められています。また、犯罪や治安についても、警察や公的機関頼みだけでなく、家族自身が自分たちの安全を守ることが必要であり、啓蒙


1:10:22 - 1:17:01


江東区の行政課題

はじめに

江東区の行政について考えてみましょう。今回のテーマは、現在の行政についての課題です。

保守的な文化の変化

江東区の行政は、保守的な文化が根強く残っています。これを変えるためには、他の自治体が行っている良い施策を積極的に真似ることが必要です。スピード感を持って施策を実行することで、江東区の行政が先駆的な事例を作ることができるでしょう。

情報システムの問題

江東区の行政において、システム投資に関する問題があります。令和2年度の外部監査レポートによれば、江東区の電子申請の利用件数は他の自治体と比べて圧倒的に少ないという指摘がありました。また、システム導入を統括する部署がないことや、随意契約の多さなども問題視されています。 江東区では、部署単位でシステムの導入が行われており、そのシステムを統括する部署の了解を取らずに業者と契約をしていることがあるとのことです。これでは、システムの適合性や検査が十分に行われていない可能性があります。

解決策

情報システムに関する問題を解決するためには、外部人材を取り入れることが必要です。cio レベルの人材を招聘し、副区長レベルぐらいの権限を与えることで、システム導入に関する意思決定を迅速かつ正確に行うことができます。ただし、根本的な解決にはならないかもしれません。

住民の意見を取り入れる

行政が改善されるためには、住民の声を取り入れることも大切です。住民が気軽に意見を言える場を設け、行政とのコミュニケーションを深めることが必要です。また、住民自身も自治体に対して積極的に関わり、声を届けることが求められます。

結論

1:23:30 - 1:30:33


DXとペーパーレス - 今後の行政サービスへの影響

はじめに

デジタル化やDX(デジタルトランスフォーメーション)が進む中、ペーパーレス化も話題になっています。しかし、実際にはまだまだペーパーレス化には課題があります。そこで、今回はDXやペーパーレス化について、行政サービスに与える影響や今後の方向性について考えてみたいと思います。

ペーパーレス化の実態

ペーパーレス化は、以前から話題になっているテーマの一つです。しかし、実際にはまだまだ課題があります。例えば、PDF化した紙文書の管理や保存に関する問題や、情報の機密性を確保するための対策などです。 また、ペーパーレス化という言葉自体も、時代の変化によって意味合いが変わってきています。過去には、紙からPDFへの変換がペーパーレス化と呼ばれていましたが、現在ではそれだけではペーパーレス化とは言えなくなってきています。

行政サービスにおけるDXの必要性

ペーパーレス化については、行政サービスにおいても注目されています。例えば、議会でもペーパーレス化が進んでいます。しかし、まだまだペーパー文化が残る部分も多く、本当にDXを進めるには予算の確保などが必要になってきます。 具体的には、行政サービスにおいて、デジタル化によって以下のような効果が期待できます。

  • 省力化による業務効率の向上

  • 情報共有の促進によるスピードアップ

  • ユーザビリティの向上によるサービスの質の向上


行政サービスに求められるもの

行政サービスにおいては、ユーザービリティやアクセシビリティが重要なポイントになります。特に、高齢者や障がい者など、情報化社会において取り残されがちな層にも十分なサービスを提供することが求められます。 また、今後はIoTやAIなどの技術が進化することで、行政サービスの質や効率が


1:38:05 - 1:45:01


交通弱者に対する最低限の足を確保するために

現状の交通状況について

日本の都市部では、交通渋滞が深刻な問題となっています。そのため、区民の足として自転車やコミュニティバスなど、気軽に利用できる交通手段が提供されています。 しかし、今後の課題として、ターミナルステーションやチャリンコ置き場の増設が必要とされています。しかし、道路管理者である警察の許可が得られないことが多く、ステーション作りが困難であることが問題視されています。 また、マンションの土地を提供してステーションを作るという提案もありましたが、マンションの管理組合が合意形成することが難しいという問題もあります。 交通体系の改善に向けて 交通空白地帯から駅までの足や同じ場所を頻繁に周回するコミュニティバスの利用率を上げるためには、以下のような取り組みが必要です。

  • 駅や病院の前など、利用者が降りるべきルートを確保する

  • 飛ばす路線ではない道路を選択し、ルートを引く

  • 利用者が降りるべき要所にバス停を置く

また、中国の江戸閥やヨドバシ、台東区の巡りなど、コミュニティバスの運営においては、民間企業がルートを引くことで利便性が高まっています。これに対して、東京都交通局による都バス路線は23区内で最も多いため、競合することが難しいという課題もあります。 まとめ 都市部において、交通弱者に対する最低限の足を確保するためには、交通体系の改善が必要です。ルートの確保やバス停の設置など、利便性を高める取り組みが求められます。また、民間企業による運営が利便性向上につながっていることも注目すべき点です



閲覧数:13回0件のコメント
記事: Blog2_Post
bottom of page