top of page

AIによる要約『いとうの部屋(仮)』


『いとうの部屋(仮)』第1回目 の動画とAIによる纏めです。








AIによる要旨と要約


要旨


今回の議論では、地元議会の仕事や役割、選挙制度、政治不信について語られました。議会質問や行政チェック、区民からの意見聴取などが重要であり、また、選挙投票率向上のためにIT活用や普通の人々に選挙への興味を持ってもらう仕組みが求められました。炎上商法やTikTok利用、選挙ポスターやハガキの作成についても触れられました。政治不信については、選挙人名簿を使ったハガキ送付やポスターのルール問題が指摘され、選挙制度の改善が求められています。ベビーシッター支援事業の問題や議員同士のやり取り、議会の雰囲気についても話し合われ、議員としての役割や挑戦が示されました。最後に、SNSやYouTubeでの情報発信の重要性が強調されました。









要約



PARTIAL SUMMARIES

00:21 - 10:41

はじめに

今日は急遽企画されたYouTubeのライブ配信にご参加いただき、ありがとうございます。本日は、元区議会議員であるいとうさんをお招きして、彼のお仕事や役割についてお話しいただきます。 いとうさんのプロフィール

伊藤さんは、区議会議員として2回前の選挙出馬し、当選されています。

議員の仕事と役割

メインの仕事は行政のチェック

議員の仕事として、メインのものは行政のチェックです。つまり、議会質問や行政との折衝、議論が行われ、それが一番重要な役割となります。また、税金の使われ方をチェックすることも、議員の仕事の一つです。

その他の仕事 その他の議員の仕事としては、以下のようなものがあります。

  • 区民からのご意見の受け付け

  • 会議や式典への参加

これらも公務として行われます。例えば、学校の卒業式に参加し、議長の祝辞の代読をする役目もあります。

区議会議員としての活動

中学校の卒業式について

伊藤さんが今日、中学校の卒業式に参加するために、他の議員たちと手分けして各学校に行くことになったことをお話しいただきました。議員たちは、基本的には地元の学校に行く傾向があるそうです。

小学校の卒業式について

小学校の卒業式は、学校数が多いため、2日間に分けて行われることが多いそうです。cc題について

小学校の卒業式は、学校数が多いため、2日間に分けて行われることが多いそうです。


中央区区議会について

最後に、中央区の話題について伊藤さんにお話を伺いました。中央区議の自民党の佐藤敦子さんが、高齢者金配りの採決に欠席したことで、彼女が次回の


11:45 - 21:15


議員の生活について

議会での採決について 国会では賛成か反対かの採決が行われますが、議員としては退席という観点も考慮されます。ある議案に対して、会派としては賛成であるという風潮があったとしても、その議員が賛成できない場合、反対票を入れるのではなく、体積つまり退席して、賛成でも反対でもないという方法が取られることがあります。

議員の選挙について

議員の選挙には、供託金が必要です。区議会の場合は30万円、都議会が60万円、衆議院が300万円です。立候補する場合は、小選挙区だけだと300万円、選挙区と比例区の両方で立候補する場合は600万円です。参議院は全国比例の選挙区でも600万円かかります。 また、選挙に落選しても、トップ当選者の得票数の何パーセントとっていれば、供託金は戻ってきます。

議員の生活

議員になると、お金の面でお付き合いが増えることがあります。例えば、お通夜や結婚式などのイベントに参加する機会が増えます。ただし、香典などは一般の人と同じくらいの金額です。 また、時期的なこととして、忘年会などのイベントに参加する機会も増えます。議員の場合は、一シーズンで何十本ものイベントに参加することもあります。しかし、参加費は一般の人と同じくらいです。 以上が、議員の生活についての話題でした。


22:57 - 33:38


選挙投票率を上げる方法について考える

問題の所在

選挙投票率は日本において低く、その対策を考える必要がある。しかし、具体的な解決策はなかなか見つからず、課題となっている。

投票率を上げる方法

東京圏外の若年層への投票権付与 投票率を上げるためには、今まで東京に行ったことがない人々に投票に行ってもらうことが必要である。また、今まで東京圏外にいた年齢層にも投票権を認めることで、投票率を上げることができる。現在、20歳から投票権が発生するが、18歳からに変更されることになっている。

選挙期間前のポスティング

選挙期間中はポスティングができないため、選挙期間前に自分のチラシをポスティングする方法がある。しかし、ポスティング業者に依頼すると費用がかかり、選挙期間前にかかる費用まで含めると、結構な金額になってしまう。また、街宣車を用意することも、費用がかかる。

IT技術の活用

伊藤さんのようなIT関係者を選挙に参加させることで、選挙戦術の改善が期待される。また、選挙期間中にSNSを活用してアピールすることで、若年層にアピールすることも可能である。

結論

選挙投票率を上げるためには、投票に行くことの重要性を周知することが必要である。具体的には、投票に行く方法や、選挙に参加するための情報提供が必要である。また、若年層や東京圏外にいる人々に投票権を与えることで、投票率を上げることができる。最新の技術やSNSを活用し、選挙戦術を改善することも必要である。以上の対策を実施することで、選挙投票率を上げることができる。


35:03 - 44:48


選挙における事前審査と選挙運動に関するルール

悪名よりも無名がマシ?

  • 炎上商法は一番簡単な方法だが、悪名になる勇気はない。

  • TikTokでの選挙運動の取り組みについて、古賀さんや高校生から教えてもらった。

  • アドバイスはただ単に思いついたことを言っているだけで、それを実行するわけではない。

選挙運動の準備

  • 選挙に参加するためには自分から作り上げる必要がある。

  • 事前審査とは、立候補の届け出に必要な書類を事前に戦艦に提出し、不備があれば修正することができる制度。

  • ポスターやハガキは印刷会社さんにデータを投げておいて、事前審査で掲示板の場所や住所振り分けをしておくことができる。

  • ハガキには個人情報が含まれるため、一般の区民の人に配ることについてはルールがある。

選挙運動のルール

  • 戦艦に提出する名簿には、候補者が手書きで書く必要がある。

  • 選挙把握に関する名簿は、2000人分の宛先を持つことができ、2000万円まで出せる。

  • 事前審査は選挙初日の朝に提出する必要がある。

まとめ

  • 選挙に参加するためには、自分で準備をする必要がある。

  • 選挙運動におけるルールには、事前審査や個人情報の扱いなどがある。

  • 選挙運動においては、正確かつ合法的に行動することが求められる。


46:09 - 56:26

選挙戦における広告ポスターの問題点

はじめに

選挙戦において、立候補者は広告ポスターを街中に貼り出し、有権者に自己アピールをします。しかし、その広告ポスターには問題があり、今回はその問題点について考えてみたいと思います。

広告ポスターが引き起こす問題

  • 政治不信の増加

  • 広告ポスターが乱立すると、街中が騒がしくなり、有権者は政治に対する不信感を抱く可能性がある。

  • ストレスの増加

  • 有権者は広告ポスターを受け取ることでストレスを感じる。また、広告ポスターを貼る立候補者も、ポスターを配布するために有権者の住所を把握する必要があり、プライバシーの問題も生じる。

  • 公正性の問題

  • 現職議員は、政務活動費があるため、広告ポスターを大量に配布できるが、新人立候補者にはその余裕がないため、公正性に欠ける状況が生じる。

問題点の解決策

  • ルールの設定

  • 広告ポスターを配布する際には、一定のルールを設けることが必要である。例えば、2連ポスターを許可し、3連ポスターは禁止するなど、明確なルールを設けることで公正性を担保することができる。

  • 電子選挙人名簿の活用

  • 電子選挙人名簿を活用することで、有権者に対してメールやSNSでの選挙活動が可能になり、広告ポスターの配布量を減らすことができる。

  • ポスターの配布場所の制限

  • 広告ポスターの配布場所を限定することで、街中が騒がしくなりすぎないようにすることができる。また、ポスターを配布する場合は、個人宅や店舗の承諾を得ることが必要である。

  • 党派を超えた取り組みの推進

  • 広告ポスターの問題は、党派を超えた取


57:58 - 1:06:49

江東区のベビーシッター支援事業について

予算から外れた東京都のベビーシッター支援事業

江東区のベビーシッター支援事業は、予算から外れた東京都の支援事業の一つであり、区が補助金を出している事業です。しかしながら、その事業を担当するマッチング会社が過去に事件を起こしたため、区が責任を取りたくないという理由で実施されていません。このため、予算にはベビーシッター支援事業は含まれていませんでした。 ベビーシッター支援事業の必要性 ベビーシッター支援事業は、多忙な現代社会において、保護者が仕事をするために必要不可欠なものです。しかし、その支援事業が予算から外れることが続いているため、保護者の負担が大きくなっています。江東区でも、この問題が深刻化しており、区民の声が高まっています。

予算修正案の提出

このため、江東区では、ベビーシッター支援事業を含めた予算修正案を提出することを決定しました。これは、区議会での賛成多数で可決され、実施されることになりました。しかしながら、修正案を提出するには4人の超党派の賛同が必要であり、困難な状況でした。結局、他の議員と協力し、3人で修正案を提出することができました。

江東区の広告自体の研究の不足

また、江東区のベビーシッター支援事業の広告自体の研究が進んでいないことも、問題視されています。他の自治体では、超党派で申し入れが出されるなど、区民との対話が進んでいる中、江東区は遅れているという指摘があります。

結論

江東区のベビーシッター支援事業は、区民の要望によって実現されたものです。しかし、広告やマッチング会社の問題など、改善すべき点が残されています。今後は、区民との対話


1:08:18 - 1:18:41

予算委員会の中での議員間のやり取りについて

はじめに

本記事では、予算委員会での議員間のやり取りについて解説します。予算委員会は、区の予算に関する議会の場であり、年に一度、5日間にわたって開催されます。ここでのやり取りは、議員が区政を監視する重要な場面の一つです。 初めての名刺交換 ある議員が、予算委員会でのやり取りについて語っています。彼は、予算委員会で初めて名刺交換をした際、自分よりも上司である他の議員に対して、少し緊張した思いを抱いていたことを語っています。 上司の奥さんとの会話 その後、彼は上司の奥さんと会話する機会がありましたが、彼女が上司の奥さんであることを切り離して話を進めたいと思い、他の話題に切り替えました。

ベビーシッター問題について

彼は、予算委員会での質問に向けて準備していたものの、区長が休んでいたため、副区長に質問することになりました。しかし、自民党の重鎮の方からヤジを受け、副区長は答弁できなくなってしまいました。結局、課長が答えることになり、彼は落選してしまいました。

予算委員会の運営について

彼は、予算委員会の運営についても言及しています。予算委員会は5日間にわたって開催され、議員たちが区政を監視する重要な場面です。議員が区長に質問することもありますが、部長や課長が答弁することが一般的で、区長が答えることは少ないとのことです。

結論

予算委員会では、議員たちが区政を監視し、質問や答弁が行われます。しかし、時には議員たちの間でヤジややり取りがあることもあります。予算委員会は、区政を監視する重要な場面であるため、議員


1:20:04 - 1:30:12


一般質問と予算委員会決算委員会について

技術者側の苦労 技術者側は一般質問や予算委員会決算委員会について、消防など上級の立場でないと理解できないことが多いと言います。特に実写版のキャラクターなどは限られており、先生方のキャラクターはコミュニケーションしたことのある先生でなければ理解できないということです。

一般質問とは

一般質問とは、代表質問と一般質問に分かれ、会派を代表して1人が20分で質問し、答弁する形式です。一般質問は1人15分で、同じように質問を読み上げ、答弁します。議員が一般質問や代表質問を通告し、それに対して利用者から質問があり、事前にやり取りがあった結果、本会議場で質問が行われます。

予算委員会決算委員会とは

予算委員会決算委員会の一問一答は、原因が変わることが多く、議員が手を挙げて技術者が答弁する形式です。ただし、それぞれの市議会で決めたルールで運営されており、やり方は異なる場合があるとのことです。

閲覧数:16回0件のコメント

Comentários


記事: Blog2_Post
bottom of page